奈倉展準備

奈倉展は地域行政区の文化展覧会です。地域の老若男女が何でも作品を出し合う。たった一日5時間の催しだが、ふれあい度は凝縮しています。
2015年には第43回展で43年も続いている。(第1回
これは日本でも珍しく継続開催されている地域文化展です。

実行委員会組織 → ポスター掲示 → 当日の展示壁設置 → 開催 → 片付け → 直来



奈倉展の期日、
実行委員会の組織などを
奈倉文庫新聞で通知

案内状発送

当日 奈倉展実行委員長挨拶

ポスター掲示

展示壁搬入(今は奈倉保有)

初めの展示壁づくり

第2の壁設置

初めの壁が立った

第3の壁設置
こうやって展示壁が設置され
にぎやかに作品が飾られます。

各展示の様子は■

野点、若連テント、輪投げ、、、

外では 餅つき、蕎麦のふるまい

紙芝居

展示観覧もにぎやかなうちに終了
直来
なおらいの宴会

片付けは あっという間に

第1回奈倉展1973 1999(27回)  2000(28回)  2001(29回)  2002(30回)  2003(31回)奈倉宿年表
 2004(32回)奈倉宿  2005(33回準備会一彦さん語る)  2006(34回)奈倉館  2007(35回)玄黄斎
 2008不徹和尚と高橋文雄
2010(38回)  2011水村健治 2014新舟洋司  奈倉展ポスター  奈倉展特別展の歴史