ようばけ

「 ようばけに 色どりそえる 山ざくら 」みつよ
(2008年奈倉展出品俳句作品より)

ようばけは町天然記念物です。  一体は昭和53年3月に県自然環境保全地区に指定されています。
 高さ100m、幅400mにも及ぶ崖で、1500万年前(新生代第三紀中新世)の地層が露出した日本でも貴重な場所です。
 「ようばけ」は下部が奈倉層、上部が鷺ノ巣層。奈倉層にはたくさんのカニや貝の化石を産出。 奈倉層の秩父の海は、寒流と暖流が流れ込む浅い海だった。奈倉層の東は秩父市大野原、南は荒川村の荒川橋に分布しています。ようばけと同じ地層での産出で有名なのが1300万年前に絶減したパレオパラドキシア(束柱目)。ジュゴンにもゾウの祖先にも似ている。名前の意味はパレオ(昔の)・パラドキシア(矛盾した=パラドックス)。
2016年「ようばけ」は国指定の天然記念物となりました。


国指定の天然記念物になったのを記念したイベント



2016年8月27日 ようばけ プロジェクションマッピング
写真は山口清文さんから地区の皆様にいただいたものです。
4000人が訪れた。「ようばけ」を知ってもらうことができました。



2004/5/9
ようばけの前のアカシアが満開。
すばらしい芳香を放っていた。

2003/4
ようばけの断崖に桜が咲いた。

桜が咲きました。2000.4.15
白とピンクで夫婦桜・・・ってな感じです。

2001/5/5新緑が美しい
ようばけ
紅葉も終盤です。99/12/03 (金)
右に見える崖は県天然記念物
「ようばけ」
家のすぐ近くからの風景です。

久しぶりの積雪です
2001.1.8 (成人の日)

畑の向こうにようばけ

見学者は小学校から大学まで
かなりの方が訪ねてきます。

下から見ると壮観です。

山田えいじ作 「ようばけと美人」
(ペスよおをふれで有名な作家)
化石館で展示(橋文雄所蔵)

目の前は蕎麦畑


紹介者:奈倉の水村健治さん(とうふ工房) ようばけが埼玉新聞にて大きく紹介されました。

ジオパーク秩父に「ようばけ」が認定 →ジオパークのHP参照

ジオパークとは、地域固有の地質や地理、生態系、歴史・文化などありのままの地域資源を素材として整備された「地球と人間のかかわり」を主題とする市民公園です。秩父地域では、NO秩父まるごと博物館、NO秩父の環境を考える会など、ジオパークに関する住民の活動が盛んであり、来訪者に「ちちぶ」を紹介する「ちちぶ学検定」や観光ガイドの取組みも進んでいます。ジオ=地球


作詞高野美代子 作曲大西進
「荒川のうたコンサート」で披露2015/7/5小鹿野文化センター





台風一過の大水 自然の驚異

1998.9.16撮影
ようばけ前の様子

赤平橋より見るようばけ方向

赤平橋より見る上流方向

ようばけ周辺の紅葉


紅葉その2

左下からヤマボウシ、カツラ、モミジ3種、上にイチョウです。やはりこれが日に透けて見えると美しいですよね99.11.17



左から花水木、モミジ、桜、はぎ、けやきです。1999.11.10