原発とめよう秩父人

人類の英知を持ってしても消すことのできない「放射能」を作り続ける原子力発電(核発電)は無くさなくてはいけないと思います。そのためには今まで贅沢に使っていた電気も節電しよう!新たな発電についても勉強しよう! 
とは言え、電気は現時点で原発が無くても全く足りていると解りました。
そして、多くの原子力マネーのあり方にも疑問が見えてきました。独占と言える電力会社の経営には国策の方向修正も必要です。ひとつの電気会社からしか電気が買えない先進国は日本だけです。発電、送電分離は絶対必要です。
3.11前に世界一高い電気料金になっていたことも大きなカラクリがあります。
そして、資源が無いと言われる日本には実は地熱、水力、風力、波力などの自然エネルギーが豊富で、そこから電気を作り出す技術も世界をリードしているのに、足下の日本では政策として遅々として進められませんでした。それは原子力マネーと電力会社の大きな力から政府も経済界も脱却できずにいたからです。
未来の子供達に危険な放射能を作り続ける事は大人の罪です。目を覚ましましょう。誰が敵とか、どの会社が敵とかではありません。放射能と核こそが人類にとって敵なのです。